春日部高校からの連絡

◆本校へお越しの皆様へ

来校の際は、事務室で受付をしていただきますようお願いいたします。風邪症状等がある場合には来校をお控えください。

なお、マスクの着用とアルコール消毒をお願いしておりますので、御協力いただきますようお願いいたします。

◆春日部高校パノラマツアー(本校の施設を御覧いただけます。)

     

◆中学生の皆さんへ

【令和5年度選抜基準】

 令和5年度の選抜基準を公表いたしました。

 こちらで御確認ください

【個別相談会・土曜日公開授業】

 個別相談会1月7日(土)です。

  申込みは、12月21日(水)18時から開始します。

  申込には事前にミライコンパスのID取得が必要です。

  詳細はこちらからお願いします。

  〇次回の土曜日公開授業は、1月7日(土)です。

 【学校紹介動画視聴】

 申込みを受付中です。こちらからお願いします。

 

◆在校生・保護者の皆さんへ 

   ・各学年の掲示板・キャビネットのページ(リンク)  

 

困ったときの相談窓口 教育関係の悩み事の相談窓口(教育委員会・教育委員会以外)

▽新型コロナウイルス感染症への対応

 本校では、埼玉県教育委員会が定めたガイドラインに沿って教育活動を実施しています。

県立学校版 新型コロナウイルス感染防止対策ガイドライン~令和4年度~.pdf

 マスクの着脱メリハリつけて!.pdf

▽新型コロナウイルス感染症陽性時の流れ

 【埼玉県教育委員会】リーフレット「自分の健康・命を守るため陽性者登録窓口へ登録しよう」ver8 .pdf

 その他、埼玉県教育委員会からの情報については、こちらから確認することができます。

日誌

春日部高校情報

【校長ブログ】坂本龍馬「日本を洗濯しよう」

 私は、11月28日から12月1日まで2年生(76期生)の修学旅行を引率しました。76期生の修学旅行は、初日に広島での平和学習、2日目に広島から京都までの班別自主研修、3日目に京都・大阪方面班別自主研修、4日目に京都方面クラス別研修でした。第3日目に京都市内を巡回しました。坂本龍馬が暗殺された近江屋跡(京都市中京区塩屋町)にも行ってきました。現在、「坂本龍馬 中岡慎太郎 遭難之地」と記された石碑が建っています。

 幕末の志士 坂本龍馬(1835~1867) は、大政奉還直後、京都で暗殺されています。坂本龍馬は時代の変化に敏感でした。彼が郷里土佐で知人の檜垣清治(ひがきせいじ)(1839~1894)と行きあうたびに、自分を変革させていたという逸話は創作だと思いますが有名です。

 土佐の檜垣清治が、そのころ土佐で流行していた長い刀を新調し、江戸から帰ってきた坂本龍馬に見せたところ、龍馬は、「きさまはまだそんなものを差しているのか。おれのを見ろ」と言って、短い刀を見せました。そして、「大砲や鉄砲の世の中に、そんな長い刀は無用の長物だよ」と言いました。

 檜垣清治は、そこで、龍馬のと同様の短い刀を作り、次に帰ってきたとき見せました。すると龍馬は、「このあいだは、あの短い刀でたくさんだと言ったが、もう刀などは要らんよ」と言いながら、ピストルを取り出して見せたというのです。

 またその次に帰ったときには、「今の時勢では、人間は武術だけではいけない。学問をしなければならない。古今の歴史を読みたまえ」と勧めたということです。さらにその次に会ったときには、「面白いものがあるぞ。万国公法といって、文明国共通の法律だ。おれは今それを研究しているのだ」と語ったそうです。

 歴史は時に冷酷です。坂本龍馬は1867年に京都で暗殺され31歳で亡くなっています。檜垣清治は、明治時代には警察官となり1894年に55歳で亡くなっています。現状にとらわれない、絶えず先を見るという坂本龍馬の姿勢は、素直な心が働いているところから生まれてくるものではないでしょうか。

 「長い刀から短い刀」「短い刀からピストル」「ピストルから万国公法」というように、古い武器から新しい武器、新しい武器から法律、民主主義へと変化のシンボルを常に求めながら、自己変革、つまり「イノベーション」をとげました。

 坂本龍馬は、幕末の1863年に姉に向けた手紙で「外国人と結託している江戸幕府の役人を打ち破り、日本を今一度洗濯しなければなりません」と書いています。坂本龍馬は今から150年前に「日本を洗濯しよう」と決意し、大政奉還を実現させ、「明治」という新しい時代を切り開きました。

 春高生諸君、「これではいけない」「ここの部分は変えないといけない」と思ったら、大いに行動に移してください。2年生は、進路実現に向けて「ゼロ学期」が始まります。自分の志を実現しましょう。

 努力して成功すれば、自信となる。

 努力して失敗すれば、経験となる。

 努力しないで成功すれば、天狗になる。

 努力しないで失敗すれば、あきらめる。

【囲碁部】関東大会出場決定

1月7日(土)に行われる関東高等学校囲碁選手権大会団体戦に春高が出場することになりました。県予選3位からの繰り上げ出場ですが、出るからにはまず一勝を取りに行きたいと思います。

平成30年に全国準優勝したチーム(林、中島、吉田)が引退して以来、丸3年の間部員ゼロが続いた春高囲碁部。令和3年度、初心者1名ながら入部した宇田川が翌年熱心に新入部員を勧誘し、経験者2名、初心者1名を迎え、今年度は4名で活動。そして今回、四年ぶりの関東大会となりました。

県予選では主将:中山、副将:石井、三将:宇田川で臨み、特に初心者ながら宇田川が全勝の活躍。県内の三将同士の対戦でなら、かなり勝てるようになってきました。囲碁部を再建し、本人の棋力も向上させた宇田川に感謝したいと思います。そして、一年生部員も運動部と兼部ながら練習不足を克服し頑張ってくれました。関東では厳しい対局となるでしょうが、精一杯打ってきてほしいと思います。

県予選の様子

12月 学校説明会

12月3日 学校説明会が行われました。

吹奏楽部による「炎と森のカーニバル」

応援指導部と吹奏楽部による校歌披露

学校説明会では上原校長からの学校概要説明、櫻田教頭から入試の説明がありました。

説明後、生徒発表として、生徒会の森本君より学校生活の紹介と吹奏楽部の演奏披露、応援指導部からの校歌披露が行われました。

 

ご参加いただきありがとうございました。

 

1月7日には個別相談会が行われます。

詳しくはこちらをご覧ください。

修学旅行4日目

4日間にわたった2学年の修学旅行は本日が最終日です。

嵐山までトロッコや川下りで向かうクラス、比叡山を訪れるクラス、清水寺などを訪れるクラスに分かれ、最後の京都散策を終えました。

修学旅行3日目①

3日目は終日班別行動で、各班が京都・大阪など関西各所に移動しました。

この後は京都での夜間外出の時間があります。