メディア研究同好会 ■活動内容
センテニアルホール(※注)で開催される各種イベントのお手伝いを通じて、地域との交流を図っていこうという、ボランテイア型イベント研究会である。
平成13年9月、全国に先駆けてメディア研究会が発足。この部活に期待されたものは全国大会に行くことでもなく、コンクールで最優秀賞を取ることでもなかった。この部に託されたのは、地域の人々に愛される音楽ホールを育てるための、未来型ボランティアである。
サントリーホールと同レベルといわれている音楽ホールの音響・照明の操作、大道具や受付の手伝い、各種清掃活動などを主な役割とする。ホールを使用する団体のイベントのお手伝いをして交流を図り、音楽コンサートや演劇等のマネージメントも学ぶ。
文化祭では、創立以来、メディアの役割や地域文化の考察を図り、研究発表をしている。また、28年続く学校開放講座のサポートにも参加。

※注:センテニアルホール ---- 本校音楽ホールのこと。平成11年、創立100周年を機に、新校舎設立とともに音楽ホ-ルは建てられた。このホールは、地域開放の理念の下に建てられたものであり、本来的に学校と地域との重要な掛け橋の役割が託されている。

■活動実績

【平成28年度】

以下のイベントについて、各種音響・照明・大道具、受付、清掃他のお手伝いをした。

  1. PTAニューイヤーコンサート
  2. 百年会コンサート
  3. センテニアルオペラ
  4. 学校開放講座
  5. 春日部市吹奏楽団
  6. 学校説明会手伝い
  7. 卒業式、入学式等、保護者待機場所としてのビデオ放映
  8. 各種講演会、各学年集会等での音響・映像準備
  9. 春高祭展示参加
  10. 八幡神社他清掃
  11. 修学旅行先での清掃ボランティア