天象部

天象部へようこそ!

  

カウンタ
0 6 7 3 9
天象部【ブログ】

天象部活動状況

【天象部】新入生歓迎FW 

こんにちは、天象部です。

5月4日(火)に新入部員を歓迎するフィールドワークを上級生が企画し、実施しました。

皆野-長瀞間を歩きましたが、密を避けるために、早朝から集まり早めに帰宅する計画です。

天気に恵まれ、気持ちの良いFWになりました。

 

 

 

 

 

 

 

左 前原の不整合にて露頭の説明とスケッチ練習。  右 紅簾石片岩の露頭

 

 

自然の博物館前の「地質学発祥の地」の碑の前で写真をとり、岩畳を抜けて、FWを終えました。

1年生は最初は元気でしたが、最後はさすがに疲れた様子。上級生も疲れたとは思いますが、最後まで変わらぬ表情。

ペース配分が大事です。

FWの楽しさと大変さを味わえた1日となったのではないでしょうか?

事前にブラタモリで学習しておいた、岩畳も歩くことが出来て、非常に有意義なFWとなりました。

今回の経験を生かし、次回のFWを計画して欲しいと思います。

 

 

2020年度までの活動報告

旧:活動記録【掲示板】

【天象部】JpGU(日本地球惑星科学連合)のオンライン発表参加!

JpGU(日本地球惑星科学連合)のオンライン発表参加!

7月12日(日)天象部はJpGU(日本地球惑星科学連合)という、地学分野の国際学会にポスター発表で参加しました。

 

コロナウイルス感染症拡散防止のため、大会自体はオンラインで行われ、生徒らの発表はオンライン会議システムを使い発表が行われました。

 

  

オンライン会議システムを使い、発表をする3年生

天象部3年生が中心となり、自身の研究を発表いたしました。

[天象部]SSH生徒研究発表会・ポスター発表・口頭発表

  
←2年生 小島くん・浦山くんの発表 1年生 白石くんの発表→

白石くんの発表を見守る 2年生小島くん

2月16日 音楽ホールにてSSH生徒研究発表会が行われました。
天象部は4本のポスター発表と2本の口頭発表を行いました。

1年生の白石くんは竜巻の研究を報告しました。ムービーを交えた発表を行い、参加生徒らの関心を集めておりました。

2年生は城ヶ島の火炎構造の成立について、これまでの研究報告を行いました。会場では運営指導員の先生より様々なご意見をいただきました。

【天象部】サイエンス教室お待ちしております!

   
 天象部は明日のサイエンス教室に向けて展示の準備をしております。
天象部の展示は鉱物や太古の生物の化石など、多数の展示を行う予定です。
展示物は直に手にとって観察することができます!
 また、体験実験では竜巻を作ったり、雲を作ったりなど、簡単に実験できるものも例示する予定です。
 天象部の展示は特別棟2階、一番奥の部屋で行っています。

 一番遠い部屋ではありますが、是非お越しください!

【天象部】秩父といって巡検へまいりました。

  
 9月8日 天象部は秩父巡検へと行ってまいりました。
1年生はフィールドワークの方法を学び、2年生はフィールドワークの企画運営を行い、3年生はそれらを見守るというそれぞれの目的を持ち活動に臨みました。

午前中に前原の不整合面の観察を行い、午後は長瀞岩畳にて「地球の窓」とも呼ばれる片理の観察を行いました。

【天象部】1日目!

 
文化祭1日目、天象部の小島くんがお客さんに向けてミニ授業を行っております!
1日目、多くのお客様に来ていただきました。誠にありがとうございます。

2日目も地学実験室にて各種展示を行います。
お時間ありましたら、ぜひ天象部へ起こし下さい。

[天象部]国際学会・日本地球惑星科学連合2018大会参加!


天象部は国際学会である、「日本地球惑星科学連合2018大会」に参加しました。
その中で2年生の浦山くんと小島くんはポスターセッションにて自らの研究を発表しました。
ポスターセッションでは全国からいらっしゃった高校生・専門の方々に自らの研究について説明をしていました。
■活動内容
 天象部は、天文・気象・地質の3分野からなり、自然を研究対象とする部である。
 化石・鉱物・岩石の採集、気象観測や天体観測など様々な活動をしている。自然のなかで不思議だなと思ったことが研究テーマである。同じ興味関心を持つものが集まり、議論?(おしゃべり)ができるところである。
 春の文化祭、秋の科学展、冬の研究発表会へと研究成果を披露している。文化祭では、研究成果の展示発表や1年間の活動などをまとめた部誌「天象」も発行している。
 数年前よりレピドシクリナという有孔虫の化石を熱心に研究し、大きな成果をあげている。また、恒例の夏の校外合宿では、秩父(H17)や浄土平(福島県)(H18,19)等へ行き地質巡検や天体観測を行っている。
■活動実績

【平成19年度】
・科学教育振興展覧会東部地区展
  優秀賞  「レピドシクリナの研究 結」

・埼玉県科学教育振興展覧会中央展
  優良賞 
  
【平成18年度】
・科学教育振興展覧会東部地区展
  優秀賞  「レピドシクリナの研究 Part3」

・埼玉県科学教育振興展覧会中央展
  優秀賞

・理科教育研究発表会参加