掲示板

1. 【令和3年度 SSH】SS探究総合 特別講義 「惑星探査の最前線 -太陽系の謎に迫る惑星探査船団- 」

投稿日時: 10/13 黒野 正道

10月12日のSS探究総合はJAXAの村上 豪 先生による

「惑星探査の最前線  -太陽系の謎に迫る惑星探査船団- 」でした。

村上先生は国際水星探査計画「ベピコロンボ (BepiColombo)」の

プロジェクトサイエンティスト (科学責任者)を務めていらっしゃいます。

太陽系の話題から始まり、月周回衛星「かぐや」、小惑星探査機「はやぶさ」「はやぶさ2」

そして、現在が取り組んでいらっしゃる水星探査機「みお」へと、あっという間の1時間でした。

神奈川県相模原市のJAXAの研究所からリモートで講義を行っていただきました。

改めて太陽系のスケールにビックリです。地球は太陽のすぐ近くにあるんですね。

「月の水平線(?)から地球が昇る」動画も見せていただきました。

さながら映画「2001年宇宙の旅」のような映像でした。(かなり古い…ですね。)

先生の夢は「現在、月で眠っている「かぐや」の部品を回収すること」だそうです。

有名な「はやぶさ2」の地球に帰還した時の画像も見せていただきました。

今でも採取したサンプルの分析が行われているそうです。

このプロジェクトは構想に21年間を要したそうです。

探査機「みお」の制作現場の画像も見せていただきました。

JAXAの皆さんが手作業で組み立てていました。

水星はすぐ近くにあるようですが、水星軌道に到達するまでには

7年もかかるそうです。その軌道のアニメーションを見せていただきました。

生徒たちの質問にも丁寧に対応していただきました。

最後に本校の職員の質問にもご丁寧に回答いただきました。

(注 スクリーンの不具合から撮影画像が歪んでおります。ご容赦ください。)