日誌

春日部高校情報

水泳部 インターハイ出場決定!!

7月20日から3日間、山梨県甲府市の小瀬スポーツ公園プールで行われた、関東高等学校水泳競技大会に参加してきました。3年生の山田君は100m自由形で5位入賞を果たし、インターハイ(全国大会)出場を決めました!!
8月17日から4日間、熊本県熊本市のアクアドームくまもとで行われる、全国高等学校水泳競技大会に参加して参ります。

詳しいタイムなどはこちらです。関東大会集合写真

水泳部 関東大会出場決定!!

6月22日から3日間、川口青木町公園プールにて学校総合体育大会(インターハイ)の県予選が行われ、個人種目の2種目で入賞、リレー競技でも1種目で入賞し、関東大会出場を決めました!!

7月20日から3日間、山梨県甲府市の小瀬スポーツ公園プールで行われる、関東高等学校水泳競技大会に参加して参ります。

詳しいタイムなどはこちらです。
学総

『聖学院大学 高校生ビブリオバトル・ワークショップ』優勝!

6月22日(土)聖学院大学に於いて、ビブリオバトル・ワークショップが開催され、本校から2年生3名、3年生2名が出場しました。

9校23名が参加したワークショップでしたが、2年下村眞史君と長澤駿君が予選を勝ち抜き決勝に進出。

4名で行った決勝では、2年長澤君が紹介した道尾秀介作「向日葵の咲かない夏」が見事チャンプ本に選ばれました。

優勝した長澤君の発表の様子

JRC文化祭お礼

 今年の春高祭でも昨年に引き続き「第3回東北・熊本返り咲け!福幸祭」を開催し、被災地の会社が製造するジュースやお菓子、ふりかけなどを販売しました。ご来場の皆様のおかげで全商品が完売し、売上金123,400円は全額被災地に寄付しました。また募金箱に集まった4,195円につきましても同様に寄付しました。ご協力本当にありがとうございました。来年度以降も開催予定です。今後ともよろしくお願いいたします。
           埼玉県立春日部高校 JRC部 部長 久米克明 (2年)

 
 
        

高校将棋竜王戦埼玉県4位入賞


6月16日に行われた第32回全国高等学校将棋竜王戦埼玉県大会において、将棋部2年の大宮健太郎が
4位入賞を果たしました。惜しくも全国大会への出場は逃しましたが、昨年よりも順位を上げる健闘
を見せました。9月の王位戦では関東大会に出場できるよう精進していきたいと思います。

大学体験授業

春高祭の代休の6月11日(火)に大学体験授業が行われました。
2年生が主体となり、一橋大学、早稲田大学、慶應義塾大学、筑波大学、千葉大学、東京理科大学を
訪問し模擬講義を受講して参りました。以下の写真は筑波大学のものです。

(筑波大学 新井達郎特命教授による講義)

(春高生から鋭い質問もありました)

(石の間にてセグウェイの試乗体験をしました)

春高祭2日目終了!

春高祭、2日目が終了しました。たくさんの方のご来場、ありがとうございました!
2日間の来場者数は1万人を超えました!

2日目のオープニング




クラス企画は、お化け屋敷や脱出ゲーム、シューティングゲームなどが
行われていました。

3-7の企画

3-8の企画

廊下はお客さんでいっぱいでした。

ステージ企画ではミス春高が開催され、ラグビー部3年部員のチームが優勝!

盛り上がっていました!

演劇部のコントラッシュ 開場は笑いの嵐!


応援指導部による臙脂の集い

吹奏楽部の伴奏


第一応援歌 秩父の嶺

小雨の降る中、GGFが行われました!


その後は、春高ジェンカ、フィナーレです。

文化祭実行委員長の言葉

『春高祭、終了!』

春高祭 1日目

春高祭1日目が終了しました。たくさんの企画に、多くのお客様のご来場をいただきました。明日は10時一般公開開始となります。

オープニングの様子

応援指導部


水泳部 万歳同盟



ダンス愛好会ステージ


ステージでは様々な企画が行われました。

春高紅白歌合戦


吹奏楽部の熊谷君と熊澤君がデュオで登場 (春高天下一)

文化部の企画・展示も充実しています。

物理部の展示

軽音楽部 視聴覚室で常にライブ行っています。

熱気がすごかったです。

吹奏楽部のミニコンサート プリキュアも登場しました!

第63回 春高祭

第63回春高祭のオープニングセレモニーが体育館で行われました。
ゲストには高56回卒 石井 玄 様をお招きして
「春高生に届けたいラジオの魅力」というテーマでご講演をいただきました。
石井様はラジオ番組のディレクターをされていて、当時の春高のお話やご自身の話、
そしてラジオ番組に関わる話を生徒の事前アンケートを活用しながらお話していただきました。

(まさにラジオを聞いているリスナーのように引き込まれていきました)

3年生英語表現Ⅱの授業

3年生の英語表現Ⅱの授業では2週に1回、ALTとのTeam Teachingを行っています。本日は、日本におけるツーリズムについて、レクチャーを受けた後、そのメリット・デメリットをディスカッションした後に、自分の意見をタイピングしました。
パラグラフのタイピングについても学びました。

バレーボール大会実施!

中間テスト明けの5月27日(月)、バレーボール大会が行われました。
開会式の様子です。

諸注意 ユーモアを交えながら説明がなされました。
体育実行委員長の言葉


体育館での試合

クラスTシャツを着ているクラスもありました。

外での試合の様子


結果
優勝3年1組  準優勝3年2組  3位2年6組 4位1年9組 
でした。
3年生は、文系クラスを中心に大分練習を重ねていました。
1年かけて得点をクラス対抗で競います。
次は7月の水泳・卓球大会です。

関東大会壮行会

5月24日(金)に関東大会に出場する、卓球部、剣道部、陸上部を全校生徒で激励する
壮行会が行われました。

     (関東大会でのご活躍を期待しています)

創立記念講話

5月25日(土)は春日部高校の創立記念日です。
それに先立ち、本校開放広場にて坂上校長による創立記念講話が行われました。

剣道部 団体戦関東大会出場決定!

5月14日(火)に関東大会予選男子団体戦が行われました。準々決
勝で本庄第一に敗退しましたが、気持ちを立て直した決定戦で城北埼玉
に勝利し、第5位で関東大会出場を決めることができました。これもO
B・保護者など様々な人々の支えがあったからだと思います。本当にあ
りがとうございました。
 これに慢心することなく勉強に、剣道に精進していきますので今後と
もご支援・ご指導のほどよろしくお願いします。

【大会結果】
2回戦  春日部 5-0 大宮開成
3回戦  春日部 4-0 草加西
4回戦  春日部 1-0 不動岡
準々決勝 春日部 1-4 本庄第一
決定戦  春日部 2-1 城北埼玉
     <関東大会出場決定> 

優勝:埼玉栄 準優勝:本庄第一 3位:山村学園・浦和
 

生徒総会実施!

5月13日LHRの時間を利用し、生徒総会が行われました。

全校生徒と生徒会メンバー(壇上)
今年もタイマーが壇上に現れ、全校生徒協力のもと、44秒で終了しました。
事前に各部活動の会計担当とのやりとりがあってこそ、このような形で成立する
のだと思います。

会計を中心に、お疲れさまでした!

吹奏楽部 第49回定期演奏会開催!

GW3日目、4月29日、春日部市民文化会館大ホールにて、吹奏楽部第49回定期演奏会が行われました。

第1部はシンフォニックステージ。編成を変えながら、6曲演奏しました。
トランペット協奏曲第1楽章「Allegro」で、トランペット独奏を務めた3年安永君。

木管8重奏 土蜘蛛伝説~能「土蜘蛛」の物語による狂詩曲


打楽器とコントラバスのアンサンブル 
パーカッシブ・ウェーブ~打楽器とコントラバスのために


第2部はポップスステージ
3年部員 熊澤君と杉戸君MCによるイントロクイズ形式で昭和・平成の
ポップミュージックを演奏しました。

2部のオープニングとMCの熊澤君杉戸君


学生指揮安永君の衣装にも注目が! 
「川の流れのように」演奏では熊澤君が歌も披露!

フィナーレでは、応援団長植村君と新1年生部員が登場し、校歌を演奏。
会場では、野球部員、現役春高生、OBの方々が合唱しました。


3年部員皆で記念撮影


物理部 2019 ALL Ja 参加!

GW中に、毎年行われているアマチュア無線の大会に本校物理部が参加しました。
教室棟2階に機械音が流れているので、行ってみると…
いつもは授業を行っている教室の前後、廊下、無線室で物理部員が交信していました。
この大会は、24時間勝負なので、物理部員は校内で合宿、1時間ごとのローテーションを組んで挑んでいます。

演劇部 春季演劇大会で公演!

GW第2日目4月28日。演劇部がパストラル加須にて行われた春季演劇大会で、
3年生部員安田義之君脚本・演出・主演による『雄有自敵』を公演しました!

左から2人目が安田君

テンポよく進む展開と散りばめられたネタに会場からは笑い声が絶えませんでした。

ALT トーマス先生の授業

本格的に授業も始まっております。3年生英語表現Ⅱの授業では、2週間に1度、ALTトーマス先生の授業があります。
今年度、初の授業のテーマは、カルチャーVSサブカルチャー。トーマス先生のレクチャーの後、生徒たちはテーマについて、ディスカッションを行いました。その後、自分の意見をパソコンを使って入力しました。
今後も、AIや気候変動など、現代社会の問題をテーマに授業を行っていく予定です。

ペアでのディスカッションを行っています。

タイピングをする生徒たち。