日誌

春日部高校情報

【校長ブログ】夏を逃げた者は、言い訳を語る。夏を戦った者は、夢を語る。

 7月20日、春日部高校では、追悼集会、表彰式、終業式、離任式を行いました。去る7月9日に本校教員がご逝去され、本日、改めて全校生徒、全教職員で追悼集会を行いました。「チーム春高」の仲間が亡くなられたことに対し追悼の意を表します。校長からの紹介の後、1分間の黙祷をしました。教頭、教員からの追悼の言葉があり、応援指導部の指揮の下、校歌を斉唱して追悼しました。ご遺族の方はご都合で急遽欠席となりましたが、教職員・生徒の思いは天に届いたと思います。今回の終業式の校長講話を紹介します。

  明日から41日間の夏休みです。「夏を逃げた者は、言い訳を語る。夏を戦った者は、夢を語る。」これは、受験勉強でも、部活動でも共通する言葉です。習慣になった努力を、実力と呼びます。今の自分に必要なことを、徹底的にやり抜く。そんな夏休みにしてください。

 新型コロナウイルスの第7波に突入したようです。新型コロナウイルス感染症の日本国内の新規陽性者数が7月になってから増加に転じ、埼玉県でも昨日は3380人と、1か月前の6月20日の414人に比べると約8倍になっており、厳重な警戒が必要です。百年前のパンデミック(世界的流行)であるスペイン風邪とはインフルエンザの一種で、1918年から1920年にかけて流行し、世界の人口(当時18億人)の半数から1/3が感染し、全世界で5000万人以上の人が死亡したとされています。スペイン風邪の流行は第1次世界大戦の後半と重なっており、この大戦による戦死者が1000万人だったことを考えると、実にその5倍の人々がスペイン風邪で命を落としたことになります。時の首相 原 敬(1856-1921)、元老の山県有朋(1838-1922)、大正天皇(1879-1926)、皇太子(のちの昭和天皇)(1901-1989)もスペイン風邪にかかりました。政府の要人の感染は連日の会議や宴席が、皇族の感染は展覧会等のイベントでの多くの人との接触がその原因ではないかといわれています。

 このようなスペイン風邪の流行から、我々は新型コロナ感染症について何を学ぶことができるでしょうか。第1には、人の移動や密集がいかに流行を拡大させるかということを思い知らされたことです。第2には、流行は一つの波では終わらないということです。集団免疫を獲得するまで繰り返し流行が起こります。スペイン風邪の教訓を生かすとすれば、私たち一人一人が三密(密閉・密集・密接)を避け、マスクを着用し、手洗い消毒を心がけることで、できるだけ流行のピークを緩やかにすることが最も重要だと思います。夏休みに合宿等を実施する部活動もあります。2週間前からは日頃より厳重に健康観察を行ってください。埼玉県では県内約600か所の薬局・ドラッグストアなどで無料検査を実施しています。県教育委員会は無料検査を受検することを推奨しています。

 スペイン風邪にも感染した原敬首相。「平民宰相」と呼ばれ初の本格的政党内閣を結成した原敬は1921年、現職の総理大臣であった1921年に東京駅で刃物で鉄道職員に刺され、亡くなっています。12日前の7月8日、安倍晋三元首相が銃撃されて亡くなるという衝撃的な事件がありました。私たちは、テロリズムが民主主義を奪い、軍国主義の道へ進んでいった戦前の日本歴史に学ばなければなりません。

 コロナ禍において、気になる兆候があります。7月10日行われた参議院選挙の投票率は52.05%でした。18歳投票率は何パーセントだと思いますか。総務省の速報値では38.67%です。「投票する、しないは個人の自由だ」「1票を投じても意味がない」と考えている人がいるかもしれません。私は現代日本の投票率の低さをとても危惧しています。

 太平洋戦争前の日本は、民主主義が定着していなかったと思っている人も多いかもしれません。1925年に普通選挙法が成立し、当時の人口の約20%にあたる25歳以上の男子に選挙権を持つことになりました。1928年に実施された衆議院議員選挙では投票率は、80.36%でした。五・一五事件(1932年)や二・二六事件(1936年)後のいわゆる軍国主義の時代と言われる1937年の総選挙の投票率は73.31%です。

 日本の国政選挙の投票率が60%をきったのは、2000年代になってからの現象です。投票率の低迷は民主主義の土台を揺るがしかねません。現代の私たちもよく感じている、日本人独特の“同調圧力”、いわゆる「空気」「雰囲気」に流されてはいけません。しっかりと1票を投じる気概を持ちましょう。

 春高生諸君

 元気に挨拶していますか。元気な挨拶は自分を伸ばしてくれます。

 他人に優しくしていますか。他人への優しさは自分を見抜く力をくれます。

 夢を諦めていませんか。夢は今を楽しみ前進する原動力です。

 志高く

1学期 終業式

1学期の終業式が行われました。

終業式にあたり、1学期における各部活動・大会等の表彰が行われました。内容は以下の通りです。

・陸上部

令和4年度関東高校陸上競技大会 男子800m 第7位

植木丈琉

令和4年度学校総合体育大会兼全国高等学校総合体育大会県予選会 男子5000mW第7位

戸井 隆太郎 

・体操部

令和4年度関東高等学校体操競技埼玉県2次予選会 団体総合 5位

古久保宇輝、山中遥斗、庄司吉伸、大田学翔

令和4年度全国高等学校総合体育大会体操競技埼玉県予選会 団体総合 第5位

小山辰之慎、古久保宇輝、山中遥斗、庄司吉伸

・将棋部

全国高等学校将棋選手権埼玉県大会 男子団体 4位

内藤聖、吉田祐真、伊藤将吾

全国高等学校将棋竜王戦埼玉県大会 男子A級 第4位

吉田祐真

・囲碁部

埼玉県高等学校文化連盟囲碁新人大会 男子個人戦 準優勝

中山 幹

・写真部

第41回埼玉県高等学校写真連盟写真展 自由部門 優秀賞「古今和風景」

工藤 彰 

・バレーボール大会入賞チーム
 優勝(3年9組A)


・水泳卓球大会入賞チーム
 卓球 優勝(1-1)

・放送部

2022年度 第58回埼玉県高校放送コンテスト 兼 第69回NHK杯全国高校放送コンテスト埼玉県大会 アナウンス部門 入賞


折本大雅 

以上

 

校長講話においては、”歴史に学ぶ”として、スペイン風邪とコロナウイルス感染症のかかわりの話等があり、「志を高く持ち、41日の夏を過ごしてください」という言葉がありました。

生徒指導主任講話では、スマートフォンや—インターネットとの関わりの話、夏休みにおける注意事項などの話があり、「春高の誇りをもって、9月1日にまた会いましょう」という言葉で終わりました。

また、最後にはカナダへ帰国するALTのミラー先生より、春高生に向けてメッセージを頂きました。

ミラー先生の話では「春高生の英語を学ぶ意欲が高いこと」、「間違いを恐れず学んでほしい」「日本でのいろいろなことは忘れてしまうが、春高の事は決して忘れない」との言葉を頂きました。

ミラー先生、3年間誠にありがとうございました。

本日で1学期が終わり、春高生の夏が始まります。

【75期】令和4年度 7月 学年集会

本日は、終業式後に75期学年集会が開かれました。

学年主任より

一.大学生活をイメージして、それに向かって日々過ごすこと。

一.家庭科作成のしおりを元に、体調管理にも注意を払うこと。

一.自分に合った無理のない勉強を。

一.2学期は進路関係の連絡が多いので、しっかり登校すること。

一.これからは出願に向けた書類等の〆切もあるので、余裕を持って行動すること。 

 

進路指導より

今までの定期考査や模試の結果を分析し、進路実現に向けて、もう一度意識を高めていきましょう。そして夏に自信が持てるくらい勉学に挑んでほしい。との熱いメッセージでした!

 

長いようで短い夏休みが始まりますが、2学期には75期らしい元気な姿でまた会えること楽しみにしています。

頑張れ、春高生!

【生徒会】”春高祭一般開催までの流れ”作成

生徒会の生徒らが、学校説明会に向けて、一般公開までの経緯をまとめた「春高祭一般公開までの流れ」と題した、ポスターを作成してくれました!

新聞の切り抜きや、春高生らの動きをわかりやすく説明したポスターとなっております。

学校説明会においては、音楽ホールにて掲示する予定です。

学校説明会以外にも掲示を考えております。

お時間ありましたら、ぜひご覧ください。

避難訓練・大掃除

1学期終了間近、春日部高校では避難訓練と大掃除が行われました。

 

避難訓練では、校舎から開放広場までの避難経路を確認するとともに緊急時に必要であることを確認しました。

避難訓練後には、校長講和と保健環境部の主任からお話を頂きました。

校長からは「備えあれば患いなし」というお話を頂きました。

【校長ブログ】知好楽~何事も心から楽しむために~

 7月16日、三連休の初日でしたが、春日部高校では多彩な取組がありました。

 まず、SSH第1回運営指導委員会を3年ぶりに対面で開催しました。運営指導委員の下山淳一委員長(青山学院大学教授)、植竹富一副委員長(東京電力ホールディングス株式会社経営技術戦略研究所主席研究員)、斎藤恭一委員(早稲田大学理工学術院客員教授)、野地博行委員(東京大学大学院教授)にご来校いただき、8月に神戸市で開催される全国SSH生徒研究発表会へのご指導や、今年度の取組に対するアドバイスをいただきました。発表をした池田 凰介 君(2年)にとっては、とても大きな刺激になっていました。委員の先生方の春日部高校SSH(スーパーサイエンスハイスクール)への期待を伺い、校長としても改めて探究活動の大切さを感じました。

 また、音楽ホールでは、吹奏楽部のサマーコンサートを開催しました。音楽ホールを会場とした定期演奏会で、200名を超える生徒・保護者・OBの皆様にご来校いただきました。歴代の先輩達のバトンを受け継いだ現役部員は、毎日、勉学との両立に格闘しながら懸命に練習を重ねてきました。部員一人一人が、皆様への感謝の気持ちをあらわす場であるとともに、日頃の成果を発揮して見事なハーモニーを醸しだしてくれました。

 夜には、音楽部が「TBSテレビ音楽の日2022」の大合唱企画に参加しました。新たな合唱曲として、作詞・作曲・プロデュースを音楽家の小林武史さんが「いろとりどりのあした」の楽曲を提供、国立競技場のステージで113校1500人を超える中高生たちが集結して、大合唱しました。春日部高校音楽部もその一員として参加しました。

 「知好楽」。この言葉は、7月9日の第68回関東地区高等学校PTA連合会大会の講演で、スポーツジャーナリストの増田明美さんが話していた言葉です。

子曰、「知之者不如好之者、好之者不如楽之者」

子曰く、「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」と。これは孔子の論語の言葉で、ある事に対して(勉強やスポーツ、仕事など)、知っているだけの人はそれを好きな人にはかなわず、ただ好きな人は楽しんでいる人にかなわない、という意味だそうです。

 増田さんは何度もプレッシャーに押しつぶされ、成果が出ない時もあり、中傷に傷つき、それでも成果が出ないことが続き、そんな時に外国のコーチから「楽しみなさい」と言われ、その時は楽しめなかったそうです。増田さんを窮地から救った人は、市民ランナーの方々だったそうです、走れなくなり立ち止まった増田さんを、後ろから来た市民ランナーの人たちが追い抜かしながら励ましてくれたそうです。走ることを楽しめるようになった元オリンピック選手の増田さんのご苦労は、私たちのにはわかりえない壮絶な苦労があったかと思います。

 本日のSSHにしても、吹奏楽部にしても、音楽部にしても、それぞれ苦しく壁にぶつかったことがあったと思います。何かを上達させたかったら、それを心から楽しむこと。楽しむためには、どうしたらいいのかを考え、工夫すること。決してしてはならないのは、「苦しい作業」です。学習でも、スポーツでも、仕事でも、どうやったら楽しくなるのか。それを考えてみることが大切だと思います。

【水泳・卓球大会】優勝は1-1!

卓球大会において、1-1が優勝しました!

決勝戦では2-5の生徒とレベルの高い試合が行われ、見事に1-1が勝利しました。

 

おめでとうございます!

1年生の優勝は近年まれにみる、快挙でありました。

 

さて、1学期もいよいよ来週の2日間で終了です。

残りの日数もどうぞよろしくお願いします。

【水泳・卓球大会】卓球の様子

体育館では、卓球の試合が行われおります。

各クラスが自分たちの仲間に向けてエールを送る様子が見られました。

 

水泳大会については、落雷の危険性もあるため、中止となりました。

残念ですが、卓球大会を全力で臨んでほしい!頑張れ、春高生!

【水泳・卓球大会】開会式

夏季休業期間の直前、水泳・卓球大会が始まりました。

 

開会式では体育実行委員の司会で、生徒会長挨拶がありました。

 

生徒会長挨拶においては、代替わりとして2年生のハウ君が新生徒会長としての挨拶も行いました。

その後、水泳部から諸注意が行われ、選手宣誓をもって水泳卓球大会がスタートしました。