野球部活動報告

野球部日誌

【野球部】球春到来まで...

 先週期末考査も終了し、12/19(土)には本校野球場にて学年別紅白戦を実施しました。W-UPやシートノックも別々のチームで行ない、試合のオーダー&采配なども全て各チームの選手同士で行ないました。また、球審も含めほぼ全ての運営も選手主導で行ないました。試合中のプレーの収穫や課題も多くあがりましたが、選手同士で色々と話し合いながら試合を展開させたことが一番の収穫だったかもしれません。試合後、ある選手が「球場の得点盤に『シーズンインまであと〇〇日』と掲示したい!」と提案があったので、すぐ実行に移しました。本日も朝早くから黙々とバットを振る選手の姿がありました。自らの弱さだけでなく肌に凍みる寒さにも耐えながら、球春到来(=3月のシーズン明け最初の練習試合)を待ちます。

‘為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり'

【野球部】今シーズン練習試合、全日程終了

11/30(日)に、本校グラウンドで県内外の2チームと変則の練習試合をさせていただきました。これで今シーズンの練習試合の全日程が終了しました。新チームが8月に発足して以降の4ヵ月、合計57試合。本当に多くのチームにお世話になりました。対戦相手の皆様や試合運営に携わってくださった審判員の方々や球場関係者の皆様、ご声援下さった方々、本当にありがとうございました。練習試合は、①練習してきたことを試す、②更なる改善点を数多く発見する、③相手チームから刺激をもらい自チームに活かすことが大きな目的です。次の対外試合は3月中旬の予定です。それまで対外試合はできないオフシーズンの104日間をどう過ごすか。新しい科学的トレーニングや、部内リーグ、勉強会などの予定もありますが、今まで以上に自分と向き合う時間がとれるのもこのオフシーズンならではです。ポジション争いもこの11月に更に激しさを増していました。春の開幕までの「寒く厳しい104日間」は、春夏の目標達成に向けての「熱く激しい104日間」になるでしょう。選手一同、質実剛健頑張ります。

【野球部】悔しさの先に

11/21(土)~23(月)、県内外の様々なチームと練習試合をさせていただきました。各々が練習で試していること、取り組んでいること、改善しようと勇気をもって変えてみること。チームとしても様々な観点で試合に取り組みました。思うように結果が出ず、苦しい選手も多くいます。壁にぶち当たり、もがいている選手もいます。しかし、「困難な状況であればこそ、その人間の真価が問われる」ということで、選手たちは、本日の朝の課題練習にひたむきに取り組んでいました。今週は、面談期間および学年毎の短縮授業特編期間のため、今週は「朝の特別練習」と銘打って選手一人ひとりに個人の練習をプログラムさせています(放課後はoff)。学業も部活動もそれ以外も、全て全力で取り組みます。質実剛健の春高野球、これからも頑張ります。

【野球部】練習試合

11/14(土),15(日)に県内外の高校と練習試合をさせていただきました。守備力の堅いチームや、魂と連帯感のあるチームなど、様々な素晴らしいチームと対戦させていただき、選手たちは良い刺激を受けたようです。チーム内のポジション争いも激しくなってきました。一人ひとりが、「悔しさ」が行動の原点であり、行動を自ら変えることが運命を変えるということを信じ、日々練習に取り組んでいきます。今シーズンの練習試合も残りわずか。一つでも多くの改善点(課題)を発見することが、充実した冬を過ごす要因となります。寒さも厳しくなってきましたが、部員一同、「質実剛健の野球」を目指して頑張ります。

【野球部】春日部市内親善大会

11/7(土),8(日)の両日、庄和球場にて春日部市内親善大会が行なわれました。結果は以下の通りです。

春日部 2-10 庄和

春日部 4-0 春日部工業

春日部 0-7 春日部東

今回は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため無観客での開催となりました。一日もはやく観戦収束を祈るばかりです。