日誌

【水泳部】チームで乗り切った3日間!!

 新人大会に参加をしてきました。

 2名が入賞を果たしました。
 2年生山口大輔君が100メートル背泳ぎで決勝に進出、県内5位。1年生櫻井隆也君が400メートル自由形で決勝に進出、県内6位。また、櫻井君は1500メートル自由形タイム決勝でも、県内5位。

 新人大会は日頃スイミングスクールで練習を重ねる選手が多数在籍する私立の強豪校が多く参加するため、高校単位の優勝狙いは現実的ではありません。そこで、春日部高校水泳部は出来るだけ多くの部員が出場し、出場した部員は「全員自己ベスト更新」を目標に掲げました。それが達成出来たならば、本校水泳部にとっては「優勝」あるいは「金メダル」であると独自のルールを部内で共有しました。
 結果は、24人参加し、22人が自己ベスト更新です。「優勝」にはあと一歩届きませんでした。

 大会後の終礼では、2年生たちから「チームの大切さ」「チームで乗り切った」「1人で自己ベストを出したわけじゃない、サポートしてくれた部員たちがいてくれたからだ」という発言がありました。
 仲間と乗り越えることの喜びを経験した人間は強い。チームに貢献できた喜び。他人のやる気を育てられた喜び。後輩に頼られた喜び。先輩に励まされた喜び。必ず、これらの感性が活きてくると信じております。

 サポートをしてくださる父母会の皆様、プールの管理をしてくださる事務室の皆様、応援してくださる全ての方々にこの場でお礼を述べさせていただき、今シーズンを締めます。