日誌

10,000メートル大会開催

11月6日(金)秋晴れの中、10,000メートル大会が渡良瀬遊水地のコースで行われました。

0.5Km地点を走る春高生たち

優勝したのは、3年6組広瀬雄大君(春日部中出身)、記録は35分43秒でした。

左から、優勝した広瀬君、第2位 佐々木邦夫君(2年 川口・十二月田中出身)、
第3位 武藤壮紀君(1年 白岡・篠津中出身)

広瀬君はレースについて、「同じクラスで陸上部の青木選手が引っ張ってくれた」と言う。
また、優勝について、「サッカー部で鍛えてくださった顧問の福重先生に感謝している。期待に
応えられてうれしい」と感想を語った。
サッカー部顧問 体育科福重教諭も、部員の活躍に目を細めた。「1キロ3分34秒ペースの好タイム。1位から3位までが35分台でゴールした今年のレースはハイレベル。開会式で校長先生の言葉が春高生の士気を高めてくれた。」
開会式では、工藤校長が自身が春高生だったときのエピソードを紹介。1年生の10,000メートル大会で33分52秒で優勝した、というものだ。春高生たちからは歓声が上がり、レース前に気合いが入った。


5キロ地点 保護者ボランティアによる給水


多くの生徒が1時間以内でゴール


優勝した広瀬君を胴上げする3年6組のクラスメイト達