日誌

【SSH】ヒトと野生動物の関係を考える研修会

11月14日 SSH企画で”ヒトと野生動物の関係を考える研修会”が行われました。

本研修会では、千葉県君津市の猟師工房を訪れ、現役の猟師の方々から、様々なことを教わる研修会です。

前半では、シカ・イノシシの生息の現状や鳥獣被害について、また猟の方法についてフィールドワークを行いながら学びました。

 

後半では実際に狩猟によって得られたキョンとイノシシについて解体体験を行いました。参加した生徒は一人一人が興味関心を持って取り組むとともに、鳥獣や命、環境とのかかわりを考えるきっかけとなったようです。

 

最後にはシカ・イノシシのジビエ試食体験が行われ、ジビエの味を堪能しておりました。

猟師工房の皆様、この度は誠にありがとうございました。