日誌

3年生家庭科授業紹介

3年生の家庭科の授業で保育に関する勉強をしています。

新生児の人形を抱っこしながらミルクをあげる体験をしていました。
ほかにも、妊婦体験や離乳食の試食などの体験学習がローテーションで行われていました。

この格好で、靴ひもを結んでみる体験も。

瓶入り離乳食や赤ちゃんせんべいの試食も。

小山大我君(さいたま市立大宮八幡中出身)は、「赤ちゃんの人形を抱っこ
してみたら、意外と頭が重くて首が不安定で危なっかしかった。」
長谷川力斗君(松伏第二中出身)は、「みんな将来パパになると
思うから役に立つ。家庭科の授業はいい意味で息抜きになっている。
調理実習もチームで連携できて楽しい。」
と感想を話していました。