日誌

ビブリオバトル関東・甲信越大会で優秀賞!


 11月23日(日)、東京都千代田区のよみうり大手町ホールで「全国高校ビブリオバトル2014」関東・甲信越大会が開催されました。愛読書の魅力を5分間で発表し、いかに多くの人たちに「思い」を伝え、呼んでみたい気持ちにさせるかを競う“ビブリオバトル”。
 本校から小山大我君(2年、さいたま・大宮八幡中学校出身)が、参加し、決勝に進出、見事に優秀賞を獲得しました。
 水泳部に所属し、大会前には本を読み、精神を落ち着かせるという読書家の小山君。この日は、「さよなら、ベイビー」(里見蘭著・新潮社)を取り上げました。
 物語は「『あの日』の記憶を失ったまま、ひきこもりとなってしまった少年が、突如現れた赤ちゃんに振り回され、怒り、戸惑いながらも成長していきます。彼が失った記憶と向き合い、大切なものが何かわかった時、物語は思いもしない方向へと動き出します。彼は何を知り、何を選ぶのか…一度だけでは読み足りない感動のミステリー。」との小山君の紹介です。