日誌

2012年10月の記事一覧

科学教育振興展覧会中央展・生物研究

科学教育振興展覧会中央展・生物研究


「アズキゾウムシの産卵行動における卵間距離」で埼玉県議会議長賞受賞、全国大会へ

◇10月27日から29日に開催された埼玉県第64回科学教育振興展覧会中央展・第56回日本学生科学賞埼玉地区展覧会に出展した生物研究「アズキゾウムシの産卵行動における卵間距離」が埼玉県議会議長賞を受賞した。この研究はSSH課題研究生物班と生物部の合同で研究が進められているものである。県議会議長賞は知事賞に次ぐ優秀な研究発表に受賞されるもので、この結果全国大会になる日本学生科学展に出品となった。この研究班のメンバーは2年生の菅沼拓都君(南浦和中出)・杉本祐将君(さいたま市大原中出)・當摩優太君(武里中出)・小川利伝君(植竹中出)・藤波輝君(大沼中出)である。全国大会に向け、この後、論文制作が求められている。

「第3回 東京大学に進学した先輩と語る会」を実施

「第3回 東京大学に進学した先輩と語る会」を実施

◇10月6日(土)午後、今年度東京大学に進学した卒業生を迎え、大学での様子を聞くことで、高い志望を持ち続けることの大切さを養うために実施します。本校生徒で東京大学を志望する生徒等が参加し実施いたします。会では、受験勉強の仕方、具体的な学習方法についても伝授いただきます。


埼玉県第47回英作文コンテスト

埼玉県第47回英作文コンテスト 1年生の部 第2位



◇10月2日に実施された埼玉県第47回英作文コンテスト(高英研主催)1年生の部で角田祥太郎 君(さいたま市常盤中出)が第2位となりました。このコンテストは80分間に指定英作文(和文英訳)5題と自由英作文(テーマについて200語程度の述べる)で競うもので、見事な成績をおさめました。今後の活躍と飛躍が期待されます