日誌

2014年1月の記事一覧

松岡正剛先生、春高生に語る

2014年1月22日(水)、音楽ホールで行われた特別講演会。
「知の巨人」と言われる松岡正剛先生が、本校1年生に「編集する自分」というテーマで講演をしました。

松岡先生の「17歳のための世界と日本の見方」を1年生全員が読み、レポート・感想を松岡先生に読んでいただき、今回の講演会になりました。



「この講演を聴き、物事を知らないことは恐ろしいことであると感じました。一度きりの人生の中で散りばめられている知識をそのまま見過ごすのは損であると思う。物事の分別のつく人間こそ、社会に染まらない豊かな人生を送ることができると信じている。私はそんな人間になりたい。」(生徒の感想より)



「先生の本は大変おもしろく、今日の講演会も楽しみにしていました。先生の千夜千冊の本も何冊か読んでみました。いつか先生が紹介された本を全部読んでみたいと思います。(1日1冊だと追いつけませんが)」(生徒の感想より)

 

「松岡先生のお話は、どれも深く考えさせられるばかりでした。「編集」ということや、その編集された時の文化のつながり等聞いていてとても面白かったです。「編集工学」というものも少し興味を持つことができました。このように文章を書いている時も松岡先生のお話を思い出す、すなわち編集していると思うと不思議でなりません。」(生徒の感想より)



講演会終了後には、茶道部がお点前を披露しました。

松岡正剛先生については、こちらをご覧ください。
千夜千冊