日誌

2014年10月の記事一覧

未来を創造するリーダー育成プロジェクト講演会

未来を創造するリーダー育成プロジェクト講演会

 

先日1029日、今年度の二学年が朝読書で読んだ、「国をつくるという仕事」の著者である西水美恵子先生が我が校で講演会をされました。

 講演では、西水先生の海外での実体験やそこで感じたことを通して、未来の国を担う我々学生たちがどうあるべきか、また、西水さんが海外へ行こうと決心した理由などをお話いただき、春高生たちはみんな一心に講演に聞き入っていた。講演後には質問時間が設けられたが、それでも足りずに解散後にも西水先生へ質問をしようとする生徒が多く見られた。

 今回、西水先生の貴重な海外での体験談を聞いて、日本の外に憧れを抱いたり将来についての考え方を変えられた春高生は少なくないだろう。今回の講演を通してまた一歩我らは成長したのではないかと思う。             (新聞部二年 郭英男)


講演を終えた西水さん(中央)と春高生たち

生物部 議会議長賞(県2位)を獲得!


 第66回科学教育振興展覧会中央展(兼第58回日本学生科学賞埼玉地区展覧会)にて、生物部2年生石井滉之君(越谷南中出身)、1年生小島直樹君(幸手西中出身)、松田朋也君(春日部中出身)、松本海門君(熊谷荒川中出身)の4名が行った「アズキゾウムシの産卵行動~95度の法則を実現するしくみ~」という研究で、議会議長賞(第2位)を受賞しました。

 アズキゾウムシは、1卵目と2卵目との間の産卵角度が95度になるという性質を持ちます。この「95度の法則」を実現する機構を明らかにするために、重力方向およびアズキゾウムシの体長が産卵角度に及ぼす影響の研究を行いました。その結果、アズキゾウムシは重力を手がかりにして、1卵目から95度離れた位置に産卵していることがわかりました。

 今回の受賞により、この研究は第58回日本学生科学賞(読売新聞主催全国大会)に出展が決まりました。

関東高校選抜新人陸上大会 第2位

陸上競技部2年の青木涼真君(鷲宮東中出身)が
10月25日(土)に茨城県ひたちなか市で行われた
関東高校選抜新人陸上競技大会において
1500m(3'59"28)で、第2位に入賞しました。

「世界」へ羽ばたく春高生!


 世界に広く目を向け、将来、国際社会で活躍し、埼玉県の国際化に貢献しようとする高い志を待った人材の育成を目的として、埼玉県教育委員会が主催する「県立高校海外派遣プログラム」に春高生4名が参加します。
 2年生の有本君・中根君が11月6日から、3年生の加藤君・田尻君が11月14日から、それぞ れ10日間の予定で研修に出かけます。
 研修中には、世界的に権威のあるハーバード大学やマサチューセッツ工科大学において、授業体験・研究室訪問・学生との意見交換等も予定されています。
 貴重な体験を積んで、将来に生かしてほしいと思います。
 がんばれ!春高生!!

第2回PTA進路見学会

 10月21日(火)、第2回PTA進路見学会が行われました。
 今回は、バス2台で10:00から13:00まで横浜国立大学へを訪問。
 大学入試担当者の方から学校概要説明や施設案内が行われ、、また本校OBで現在経営学部3年生安田さんと理工学部3年生石井さんから大学での授業の様子や大学生活、高校時代の勉強の様子や受験体験などを話していただき、有意義な進路見学会となりました。