日誌

2015年12月の記事一覧

2年生 修学旅行報告④第4日目

修学旅行第4日目は最終日。ホテル出発後は、クラスごとに選んだコース見学、昼食、京都駅を出発し新幹線で東京に戻りました。


各自の荷物は自宅へ郵送


2年3組 クラス別コース スタート


源氏物語ミュージアム見学 


舟遊び


京都での最後の昼食

ほかには、京都水族館見学・生八橋作り体験・扇子作り体験・嵐山トロッコ列車乗車・
琵琶湖遊覧などのコースがありました。

時間・ルールを守りながら自主的に行動することで収穫の多い修学旅行でした。
修学旅行報告はこれで終了です。

春日部中学校にて授業実施

12月10日(木)、本校教諭8名(国語・数学・理科・公民・英語)が春日部中学校で体験授業を行いました。毎年この時期に、中学3年生の全クラスで行っています。
本校英語科 中川教諭は、『世界が100人の村だったら』(池田香代子著、マガジンハウス、2001)を題材に授業を行いました。100人村を、クラスサイズ(37人)にさらに縮小し、世界がもし37人の村だったらどうなるか、実際に動いて体感してもらおうという狙いです。指示は簡潔な英語で行い、中学生もよく理解し参加していました。
「世界は不平等なんだと分かった」「37人の大きさで考えられて分かりやすかった」と感想をもらえました。


理科(化学)の斉藤教諭は、化学変化を色の変わる液体で視覚的にわかりやすく
提示しました。中学生も熱心に見入っていました。

写真部 全国高等学校総合文化祭出品決定!

写真部2年生松木文彦君(さいたま・泰平中出身)の作品『都会を往く』が、来年度広島で開催される第40回全国高等学校総合文化祭写真部門に埼玉県代表として出品されることが決まりました。
作品では、電車の中にいる人の顔が鮮明であるところが高く評価されたそうです。写真は小学校のころから撮っているという松木君は、ほかの埼玉県代表の作品について、「レベルが違って刺激になった」と話していました。

2年生 修学旅行報告③第3日目

修学旅行第3日目は、班別自主行動でした。京都の寺巡りや、大阪・奈良へ足を延ばして散策など、班ごとに立てた計画で見学・研修を行いました。

早朝5時半からのトレーニング(サッカー部)


班ごとに担任のチェックを受けて班別行動スタート


京都の台所と言われる錦市場散策


清水寺で記念撮影


ホテルでは「はとピョン」がお出迎え


最後の夕食はすき焼き


東寺 ライトアップ

夜はライトアップ見学に班ごとに出かけました。ホテルから徒歩圏内である東寺は、
紅葉とともにライトアップされた様子が美しく、多くの生徒の心に残りました。

1年生 "THE CHAT ROOM "(ALTとの会話)開始

12月第1週より、1年生では"THE CHAT ROOM "が始まりました。
2回ある昼休みに、本校ALT エリアス先生と1対1で5分間英会話をするという試みです。
 

1年1組青木健君(大宮北中出身)は、「緊張したけれど、思った以上に話ができて楽しかった。
次の機会にはもっとしゃべれると思う」と成果を話しました。

ALTのエリアス先生は、「誰かに聞かれているわけでもなく、1対1で生徒と話せることの効果は大きい」と言います。エリアス先生は3学期にかけて、1年生の全員と話します。