日誌

2016年2月の記事一覧

美術 放課後補習

先週より放課後、美術の補習が行われています。多くの美術選択の生徒が
制作に集中していました。


1年生は名前のデザイン、2年生はブックカバーのデザインを作成中です。



30名を超える生徒が補習に参加していました。



美術室に向かう廊下には1年生の油絵が飾られていました。

SSH生徒課題研究発表会

2月20日(土)、SSH生徒課題研究発表会が行われました。
1年生「SSH課題研究基礎」と2年生「SSH課題研究」合わせて13の口頭発表がありました。


物理 「物をしっかり持つためには」 2年生黒澤佑太君の発表

各発表のあとには、質疑応答が行われます。

運営指導委員の先生からの質問に答える1年生


全体の司会を放送部1年生部員が務めました。

口頭発表終了後は、ホワイエにてポスターセッションです。

自身の研究を説明する1年生


それぞれの研究を聞きあう2年生たち


発表したロボットハンドの実物を担任 根岸教諭に見せる黒澤君

運営指導委員の先生方からは、今後研究を進める際の留意点をご指摘いただきました。
あいまいな表現を避ける。結果を急ぎすぎない。研究を自ら楽しむ。 
本日発表した生徒たちが、研究を今後も発展させていけるよう助言いただき、
どうもありがとうございました。

SSH生徒課題研究発表会 準備

SSH生徒課題研究発表会を翌日に控え、
音楽ホールでは各チームの準備が行われています。

前半は部活動を中心としたSSH研究チームの発表
後半は1年生の課題研究チームの代表の発表が行われます。
各研究グループはそれぞれポスターを作成して、研究内容を紹介しています。

課題研究発表会1 
各研究グループのポスターが掲示されます。
課題研究発表会2 課題研究発表会3

部活動の研究グループは内容が高度です。
課題研究発表会4

早朝補習 数学2年生 T講習

2年生数学では早朝講習(2講座)が行われています。本日は、T講習を取材してきました。


光成教諭の気合の入った講習

T講習は、週2日早朝7:30より1時間数学講義室で行われています。東大・東工大レベルの実力をつけたい生徒対象に、1年生の6月から継続しています。受講生徒は30名ほどです。


真剣な眼差し

受講者の一人、2年8組高橋隼人君(写真)(上尾・上平中出身)は、
「2年生の途中から受講を始めた。1年生の時から受けていればよかったと
思っている。光成先生の授業は受けていないので、刺激になっている。」
と話していました。